東玉堂 名古屋駅前 茶道具・花道具の専門店
東玉堂HP トップへ戻ります 催事のお知らせ 各階売場案内 地図・駐車場


◆ 茶の湯 釘の世界 ◆   釘のページ表紙へ  釘の種類へ
←前に戻る  次のページへ→

三幅対=さんぷくつい ・ 軸釘(竹釘) ・ 軸釘 ・ 二重折釘
茶の湯の釘 三幅対=さんぷくつい
●三幅対=さんぷくつい

床の間に三幅の軸を掛ける為の釘で、左右の2本は、スライドするようになっており、掛軸の掛け幅の調整が可能。
※中央が、下記に示す軸釘(二重折釘等)ですが、床によっては三幅対を施工せず、軸釘一本のみの場合もあります。

茶の湯の釘 三幅対=さんぷくつい
茶の湯の釘 軸釘
●軸釘(竹釘)
(2)竹釘(軸用) 全長約6センチ、掛部約3センチ
●軸釘(にじゅうおれくぎ又は、いなずまくぎ)と称し、打込み式と捻子足が有ります。)
(3)浄益写し・二重折釘・哲匠作 全長約6,4センチ、掛部約2,1センチ 
(4)浄益写・し二重折釘・哲匠作 全長約7,6センチ、掛部約3,2センチ
(5)二重折釘・浄雲作・捻子足 全長約5センチ、掛部約2,7センチ
(6)二重折釘・浄雲作 全長約5,5センチ、掛部約2,7センチ 
※施工上の注意:捻子足は、大変折れやすく、予め十分な穴を開けておくこと。

このページのTOPへ

花蛭釘(はなひるくぎ) ・ 無双釘(むそうくぎ) 
隅打釘(すみうちくぎ) ・  柳釘(やなぎくぎ)
茶の湯の釘 書院床の花蛭釘
●花蛭釘(はなひるくぎ)

床の間天井に取り付けます。
この例では、上図のように書院床の天井にも使用しています。
位置と向きは、各種文献を参照してください。
釣釜用の蛭釘を小さくしたものです。
施工方法の違いで、栓差(せんさし)と捻子式の2種類がありますが、建物の施工前でしたら出来るだけ栓差をお奨めいたします。
茶の湯の釘 花蛭釘・隅打釘・柳釘
茶の湯の釘 花蛭釘
茶の湯の釘 無双釘 中釘
茶の湯の釘 隅打釘 柳釘
茶の湯の釘 花蛭釘 蛭釘 
(7)花蛭釘・栓差上・浄雲作 全長約7,4センチ 掛部約3,3センチ 
(8)花蛭釘・栓差並・浄雲作 全長約7,4センチ 掛部約3,3センチ
(9)蛭釘・捻子大・浄雲作 全長約6,2センチ 掛部3,5センチ 
(10)花蛭釘・捻子小・浄雲作 全長約6センチ 掛部約3センチ 
茶の湯の釘 無双釘 隅打釘 柳釘
●無双釘(むそうくぎ)

(11)浄益写し・無双釘・哲匠作 
(12)無双釘・浄雲作 現在は、上記浄益写しより短いため、同様のサイズにすべく改良中

●隅打釘(すみうちくぎ)=柳釘(やなぎくぎ)

(13)浄益写し・隅打釘・平座・哲匠作 全長約6,5センチ 掛部外寸約3,1センチ
(14)浄益写し・隅打釘・丸座・哲匠作 全長約6,3センチ 掛部外寸約3センチ
(15)隅打釘・丸・浄雲作 全長約5,4センチ 掛部外寸約2,5センチ

このページのTOPへ
←前に戻る  次のページへ→




※画面上又はプリンタ出力での商品の色合いと実際の商品の色合いは、
その性質上、若干のずれが生じる場合がございます。

このページは表示文字サイズ中にて、表示確認しております。
お問い合わせは 電話・FAXで東玉堂まで
茶道具・花道具 東玉堂

〒450-0002 名古屋市中村区名駅3丁目17番32号
TEL (052)563-3831(代) FAX(052)586-5182