傘寿記念
四代 西村徳泉 茶陶展
会期 平成29年9月2日(土)〜9月15日(金)
※9月3日(日) 10日(日)は休業いたします。
会場 東玉堂 四階 展示場
 
   
ご挨拶

残暑の候、皆様には益々御清祥の御事と
存じます。
この度、東玉堂様のご厚意により、傘寿
記念の個展を開催させていただく運びと
なりました。
節目にあたり「吉祥」の図柄や形にこだ
わり制作いたしました。
何卒、ご来駕ご高覧を賜りますようお願
い申し上げます。

平成二十九年 八月
          
四代 西村徳泉


ごあいさつ 
残暑厳しき候、皆様には益々ご清栄のこととお慶び
申し上げます。
 さてこの度、宇治・炭山に窯を開いておられる伝統
工芸作家、四代西村徳泉先生の作品展を開催させて頂
く運びとなりました。
 江戸時代後期、四代目海老屋清兵衛の教えを受け、
京都五条坂に窯を開いた初代徳泉から数えて四代目と
なります当代徳泉先生は、先代が得意とされた染付・
祥瑞の技法を受け継がれ、他に古染付・色絵など幅広
い作品を生み出されております。
 今回は、傘寿を迎えられた先生の記念すべき個展で
ございます。茶碗をはじめ、水指、香合など多数の力
作を展示して頂きますので、皆様お誘い合せの上ご来
場頂きますようご案内申し上げます。
                    
東玉堂

 
色絵 草花文青海波水指 四代西村徳泉作
色絵 草花文青海波水指





 萌黄地 楓茶碗 四代 西村徳泉作
萌黄地 楓茶碗





染付 秋草香合  色絵 吉祥果実文香合  四代 西村徳泉作
染付 秋草香合    色絵 吉祥果実文香合






染付 雉子香合 四代 西村徳泉作
染付 雉子香合





金彩 鳳凰文茶碗 四代 西村徳泉作
金彩 鳳凰文茶碗





金彩 菊文鉢 四代 西村徳泉作
金彩 菊文鉢





乾山写 柿茶碗 四代 西村徳泉作
乾山写 柿茶碗





色絵 竹ノ絵水指 四代 西村徳泉作
色絵 竹ノ絵水指








◎写真掲載の作品をはじめ、多数の作品を一堂に展覧いたします。
 
4階展示場にて呈茶を致します。

どうぞ、ごゆるぎとおくつろぎくださいませ。




【陶歴】 初代徳泉は、江戸後期の京焼の名工・四代目海老屋清兵衛に師事。その後、京都五条坂にて開窯す。
昭和12年 京都五条坂にて生まれる。二代徳泉より伝統工芸技法の手ほどきを受ける傍ら、芸術院会員・六代清水六兵衞先生に師事する。
昭和46年 京都五条坂より宇治炭山の山里に京焼登窯を移築。紫野大徳寺 五百九世瑞峯院再住吉口桂堂老師より 「紫翠」の窯名を賜わる。  
昭和50年 常陸宮家へ「金襴手祥瑞茶碗」を献上。両殿下より親しくお言葉を得、以来毎年、新年茶碗献上の栄光を賜る。
平成7年 常陸宮家へ花器「はばたき」を献上。
平成10年 還暦の折、十四代表千家而妙斎御家元より拙作茶碗 に御書付を賜る。十五代裏千家鵬雲斎御家元より拙作茶碗に御書付を賜る。十四代武者小路千家不徹斎御家元より拙作茶碗に御書付を賜る。
平成18年 京都迎賓館に、茶道具並びに作品「翔」をお買上げ賜る。
平成19年 八月、四代徳泉を襲名する
平成20年 京都紫野大徳寺高田明浦管長より「徳泉」の御染筆、並びに「紫翠」「徳泉」の印を賜る。襲名記念「四代西村徳泉茶陶展」を高島屋(横浜・京都・米子)にて開催。
平成24年 宮内庁に「祥瑞写吉祥文盆器」をお買上げ賜る。
平成25年 喜寿記念「四代西村徳泉茶陶展」を日本橋高島屋にて開催。
平成26年 喜寿記念「四代西村徳泉茶陶展」を高島屋(京都・横浜)にて開催。
平成27年 京都府伝統産業優秀者「京の名工」として京都府知事表彰を受彰。
平成29年 傘寿記念「四代西村徳泉茶陶展」を横浜高島屋にて開催。

このページのTOPへ





お問い合わせは 電話・FAXで東玉堂まで
茶道具・花道具 東玉堂

〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅3丁目17番32号
TEL (052)563-3831(代) FAX(052)586-5182