作陶六十周年記念

四代 西村德泉新作茶陶展
会期 平成24年3月2日(金)〜15日(木)
3月4日(日)、11日(日)は休業させて頂きます
会場 東玉堂4階 展示場
 
   
ご挨拶
 弥生の候、皆様には益々御清祥の御事と 存じます。
 この度、東玉堂様の御厚意により、作陶 六十周年記念の個展を開催させて頂く運びとなりました。
 京焼の伝統を踏まえつつ、私なりに茶の湯の焼き物を制作致しました。
 何卒、御来駕ご高覧賜りますようお願い申し上げます。  

平成二十四年 三月吉日        
 紫翠窯四代 西村德泉  



 
ごあいさつ
 春の陽気が待ち遠しい今日この頃でございますが、皆様方 には益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
 さてこの度、宇治炭山に窯を開いておられる伝統工芸作家 紫翠窯四代西村德泉先生の作品展を開催させて頂くこととなりました。今回は、作陶六十周年を迎えられます德泉先生の記念すべき「新作茶陶展」でございます。
洗練された古染付、色絵等の作品の奥深い味わい、雅やかな美しさをご堪能頂きたくご案内申し上げます。  
 どうぞ皆様お誘い合わせの上、ご来場くださいませ。
                              
東玉堂  
五彩 亀甲文茶碗 祥瑞写 四方茶碗 (西村徳泉作)
五彩 亀甲文茶碗   祥瑞写 四方茶碗


金襴手 鳳凰文茶碗 色絵 唐子遊び茶碗(西村徳泉作)
金襴手 鳳凰文茶碗      色絵 唐子遊び茶碗


祥瑞写 腰捻茶碗 而妙斎宗匠御書付(西村徳泉作)
祥瑞写 腰捻茶碗 而妙斎宗匠御書付


金襴手 祥瑞腰張茶碗 而妙斎宗匠御書付(西村徳泉作)
金襴手 祥瑞腰張茶碗 而妙斎宗匠御書付


青金彩 腰捻茶碗 而妙斎宗匠御書付(西村徳泉作)
青金彩 腰捻茶碗 而妙斎宗匠御書付


萌黄 草花文皆具(西村徳泉作)
萌黄 草花文皆具


青金彩 唐花文水指(西村徳泉作)
青金彩 唐花文水指


祥瑞写 瓢文水指(西村徳泉作)
祥瑞写 瓢文水指


色絵 春草文水指(西村徳泉作)
色絵 春草文水指


金襴手 桃香合 祥瑞写 福禄寿香合(西村徳泉作)
金襴手 桃香合   祥瑞写 福禄寿香合


色絵 瓢香合 色絵 カルタ箱香合(西村徳泉作)
色絵 瓢香合   色絵 カルタ箱香合

◎写真掲載の作品をはじめ、多数の作品を一堂に展覧いたします。
 4階会場にて呈茶をいたします。ごゆるりとおくつろぎください。
このページのTOPへ


陶歴
初代德泉は、江戸後期の京焼の名工・海老屋清兵衛四代目に師事。その後、京都五条坂にて開窯す。
父より伝統陶芸技法の手ほどきをうける傍ら、芸術院会員 六代目清水六兵衞先生に師事す。
京都五条坂より宇治炭山の山里に京焼登り窯を移築。 
紫野大徳寺 五百九世瑞峯院再住吉口桂堂老師より「紫翠」の窯名を頂く。
京都紫野大徳寺 髙田明浦管長猊下より「德泉」の御染筆を頂く。
還暦記念に十四代表千家而妙斎御家元様より拙作茶碗に御書付を賜る。
同じく十四世武者小路千家不徹斎御家元様より拙作茶碗に御書付を賜る。
十五代裏千家鵬雲斎御家元様より拙作茶碗に御書付を賜る。
日展会友となり入選25回
昭和五十年
常陸宮家へ「金襴手祥瑞茶碗」を献上。両殿下より親しくお言葉を賜る光栄を得、以来毎年、新年茶碗献上の光栄を賜る。
平成元年
三笠宮家へ「金銀彩菊花文茶碗」一双、「金襴手鳳凰文茶碗」献上の光栄を賜る。
平成七年
東京日本橋髙島屋にて茶陶個展開催の節、常陸宮華子妃殿下、会場へ御成り頂き御高覧の栄に浴す。
常陸宮両殿下御印の「金銀彩抹茶碗」一双と「色絵鳥香合」謹作。作品「はばたき」献上。
平成二十一年
京都嵯峨二尊寺院に天皇・皇后両陛下御成りの節、天目茶碗一双謹作。
埼玉県臨済宗妙心寺派平林禅寺に両陛下公式訪問の節、天目茶碗一双謹作



お問い合わせは 電話・FAXで東玉堂まで
茶道具・花道具 東玉堂

〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅3丁目17番32号
TEL (052)563-3831(代) FAX(052)586-5182