東玉堂 名古屋駅前 茶道具・花道具の専門店




この展示会は終了いたしております。
最新の催事案内はこちらからご覧下さい。

催事のご案内


清閑寺窯 四代目

杉田祥平 展


会期  平成20年2月5日(火)〜2月16日(土)
*2月10日(日)、11日(月・祝)は休業させて頂きます
会場 東玉堂 4階展示場
特別講演会「京焼と清閑寺」    
◎講師:杉田祥平先生
◎日時:2月5日(火)午後1時より
◎会場:東玉堂 4階展示場



清閑寺窯「杉田祥平展」開催にあたって
 初春を迎え、皆様方には益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
 さてこの度、京都東山・茶わん坂の清閑寺窯「杉田祥平展」を開催させて頂く運びとなりました。
清閑寺窯は、旧伯爵・清閑寺家の許可を得て江戸後期に築窯され、初代菊次郎、二代目龍斎、三代目祥平を経て、当代(四代)杉田祥平先生が受け継がれております。
 今回は、東玉堂での四回目の個展となりますが、当代杉田祥平先生におかれましては、仁清、古清水の魅力を継承され、京焼の伝統とする重厚な造形美と典麗優雅な桃山文化の彩色美の中に新しい感覚を取り入れ、現代に生かした作陶に日々邁進しておられます。
 この機会に、ぜひ多くの皆様方のご来駕、ご高覧を賜りますよう、心からお待ち申し上げます。
なお今般、新春特別価格、数量限定にて春秋茶碗を頒布させていただきます。お申し込み程、お待ち申しあげております。

茶道具・花道具 東玉堂


ごあいさつ
京焼三百年の歴史の中には、
人々の心を和らげるやさしさと
伝統の力強い響きがあるように思います。
清水焼の源流と言われる古清水の色絵を
現代の息吹の中に脈打たせようと、
日々の学びの中にも
心楽しく制作させて戴いて居ります。
この度、私の作品展を御当地名古屋に於いて
開かせて戴きますことを、
誠に嬉しく幸せに思って居ります。
未熟な作品ではありますが、
皆様にご高覧戴きまして、叱咤、ご鞭撻
下さいますようお願い申し上げます。
清閑寺窯 杉田祥平
光琳水四季草花絵茶碗 杉田祥平作
光琳水四季草花絵碗

色絵金彩桜花柳茶碗 杉田祥平作
色絵金彩桜花柳茶碗

金彩青楓絵茶碗 杉田祥平作
金彩青楓絵茶碗

赫土地銀彩竹林絵茶碗 裏千家玄室大宗匠御書付 杉田祥平作
赫土地銀彩竹林絵茶碗 裏千家玄室大宗匠御書付

金彩格子七宝唐草水指 杉田祥平作
金彩格子七宝唐草水指

色絵鳳凰皆具 杉田祥平作
色絵鳳凰皆具

赫土地銀彩老松絵水指 杉田祥平作
赫土地銀彩老松絵水指

孔雀紋香合 杉田祥平作
孔雀紋香合

色絵御福香合 杉田祥平作
色絵御福香合

色絵雪洞蓋置 杉田祥平作
色絵雪洞蓋置

 四代 杉田祥平 陶歴
昭和17年 8月30日 京都に生まれる
昭和35年 京都芸術短期大学(現 京都造形大学)
昭和37年 京都市立工業試験場。
同年以後、伝統作家協会二世会として高島屋・大丸にて展示会開催
昭和40年 楽家・十四代覚入を師と仰ぎ、出入りを許され、全国の展示講演に随行。以後、十二年間、覚入没まで陶芸を学び、裏千家に出入り。また、清閑寺窯丸印を裏千家・十五世鵬雲斎御家元、及び覚入より拝領する。
昭和52年 裏千家・金澤宗也先生(業躰)につき、以後、講習会、研修会、及び茶会に随行し、茶道の普及に努める。

◎写真掲載の作品をはじめ、百五十余点を一堂に展覧いたします。

期間中、四階会場にて呈茶を致します。
ごゆるりとおくつろぎください。
このページのTOPへ


お問い合わせは 電話・FAXで東玉堂まで
茶道具・花道具 東玉堂

〒450-0002 名古屋市中村区名駅3丁目17番32号
TEL (052)563-3831(代) FAX(052)586-5182