五代 眞清水蔵六 襲名記念展
会期 平成29年3月2日(木)〜3月15日(水)
*3月5日(日)、12日(日)は休業いたします
会場 東玉堂 4階 展示場
 
   
ごあいさつ
  平成二十五年秋に五代蔵六を襲名し、三年余が経ちました。
歴代蔵六の作風を継承しながら、これまでの唐津・朝鮮もの
に加え、「京」と「唐津」との融合を試みて、日々作陶に励
んでおります。
 是非、皆様方にご高覧頂き、ご指導・ご鞭撻賜りますよう
宜しくお願い申し上げます。
                   
五代 眞清水 蔵六



ご挨拶

 立春の候、皆様には益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
この度、当店にて「五代 眞清水蔵六 襲名記念展」を開催させて頂く運びとなりました。
 当代蔵六先生におかれましては、青磁・三島・粉引など初代より受け継がれてきた伝統を守りながら、独自の感性をもとに新しい作品をと、日々精進されております。
 今回の襲名記念展は、先生にとって大切な節目であり、その作品は創意に溢れ、
五代目眞清水蔵六の名に相応しい気迫をも感じさせます。
 どうぞ、皆様方お誘い合わせの上、ご来場くださいますようご案内申し上げます
                       
東玉堂



 
唐津井戸形茶碗 鵬雲斎大宗匠御書付(五代 眞清水蔵六 作)
唐津井戸形茶碗 鵬雲斎大宗匠御書付




唐津茶碗 坐忘斎御家元御書付 (五代 眞清水蔵六 作)
唐津茶碗 坐忘斎御家元御書付




朝鮮唐津耳付花入 (五代 眞清水蔵六 作)
朝鮮唐津耳付花入






色絵亀甲文つなぎ水指 (五代 眞清水蔵六 作)
色絵亀甲文つなぎ水指




朝鮮唐津茶碗 (五代 眞清水蔵六 作)
朝鮮唐津茶碗





彫三島茶碗 (五代 眞清水蔵六 作)
彫三島茶碗





色絵月に紅葉茶碗 (五代 眞清水蔵六 作)
色絵月に紅葉茶碗












五代 眞清水蔵六 略歴
1962年 四代眞清水蔵六の長男として京都に生まれる。
1984年 京都府立陶工高等技術専門校専攻科を修了。
1985年  京都市立工業試験場修了。
    唐津 西岡小十先生に師事。
1995年 十年間の修業を終え、帰京。
父 四代眞清水蔵六に師事 作陶に専念。
1998年 唐津にて割竹式登窯(玄々窯)を築窯 初火入。
2002年 天満屋広島八丁堀店にて初個展。
以降、各地にて個展開催。
2013年 秋、五代蔵六を襲名。
2014年 春、京都高島屋にて襲名記念展。
秋、東京日本橋三越本店にて襲名記念展。
  京都市美術館にて「京焼歴代展」出品。
2015年 岡山天満屋、名古屋三越にて襲名記念展。
2016年 福岡三越にて襲名記念展。






◎写真掲載の作品をはじめ、多数の作品を一堂に展覧いたします。
 
会期中、四階展示場にて呈茶をいたします。

どうぞ、ごゆるぎとおくつろぎくださいませ。
このページのTOPへ





お問い合わせは 電話・FAXで東玉堂まで
茶道具・花道具 東玉堂

〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅3丁目17番32号
TEL (052)563-3831(代) FAX(052)586-5182