傘寿記念

四代 眞清水藏六

 父子三人展

眞清水藏六
眞清水 徹
眞清水 伸(号 福山)
会期 平成24年9月1日(土)〜9月13日(木)
※9月2日(日)・9日(日)は休業
会場 東玉堂四階 展示場
 
   
ごあいさつ
始めて個展を催したのが 中京 名古屋です
以来 親しく陶人生活を支えて戴いた方々
温かく見守って戴いた皆様
過ぎし日の 各地での出合いと歳月
いつの間にか 御縁あって この地にて
傘寿記念を迎えることになりました

一碗でも皆様方のお心に残る
作品があれば幸いです

      
四代 眞清水藏六  



 
ご挨拶
  残暑厳しい折、皆様方には益々ご健勝のこととお慶び
申し上げます。
 さてこの度、当店にて傘寿記念「四代 眞清水藏六 父子
三人展」を開催させていただく運びとなりました。
 初代より受継がれた青磁・三島・粉引等の技法を礎に、
独自の道を追求してこられた、当代藏六先生の創意溢れる
作品は、先生方をはじめ多くの数寄者の御支持を得ておら
れます。
 傘寿を迎えられての今回の茶陶展では、お二人の御子息
の作品も展示していただけることとなりました。
 どうぞ皆様方お誘い合わせの上、気迫の籠った藏六先生
の作品、ご子息の作品をご高覧くださいますよう、御案内
申し上げます。
                                                    
東玉堂  
眞清水藏六
鉄絵筏流茶碗 眞清水藏六作
鉄絵筏流茶碗 眞清水藏六作


青井戸茶碗 眞清水藏六作
青井戸茶碗 眞清水藏六作


御所丸黒刷毛茶碗 眞清水藏六作
御所丸黒刷毛茶碗 眞清水藏六作


古清水意匠手桶水指 眞清水藏六作
古清水意匠手桶水指 眞清水藏六作


青瓷笋花入 眞清水藏六作
青瓷笋花入 眞清水藏六作







眞清水 徹
唐津青井戸茶碗 眞清水 徹作
唐津青井戸茶碗 眞清水 徹作


朝鮮唐津茶碗 眞清水 徹作
朝鮮唐津茶碗 眞清水 徹作

織部唐津香合 眞清水 徹作
織部唐津香合 眞清水 徹作





眞清水 伸(号 福山)
呉器茶碗 銘「真心」 眞清水 伸(号 福山)作
呉器茶碗 銘「真心」 眞清水 伸(号 福山)作
  大徳寺管長嶺雲室高田明浦老大師猊下御書付


青瓷瓢花入 眞清水 伸(号 福山)作
青瓷瓢花入 眞清水 伸(号 福山)作


鉄釉捻貫水指  眞清水 伸(号 福山)作
鉄釉捻貫水指  眞清水 伸(号 福山)作


◎写真掲載の作品をはじめ、多数の作品を一堂に展覧いたします。
 4階会場にて呈茶をいたします。ごゆるりとおくつろぎください。
このページのTOPへ




四代 眞清水藏六 略歴歴
一九三三年(昭和八年) 三代藏六の長男として京都市西京区山田に生る。
一九五六年 関西美術学院修了。以後父のもとで作陶に従事。
一九七一年 四代藏六を襲名。
一九八三年 茶道誌「淡交」「竹風」「洛味」などに寄稿。
一九八四年 京都野村美術館にて自撰展。
同年九月号より一九八六年三月まで、日本陶磁協会機関誌に「泥中閑話」を掲載。
一九八五年 同年より黒田領冶先生、満岡忠成先生の推薦により個展を行う。
一九八七年 金閣寺落慶法要記念大茶会香合謹製。
一九八八年 「藏六慢筆古陶録」二代藏六著を復刻。
一九九八年 唐津にて割竹式登窯「玄々窯」を築窯。
十月「玄々窯」の初窯。
個展 東京日本橋三越本店、名古屋三越栄店、横浜高島屋、天満屋岡山本店、大阪なんば高島屋等、全国各地にて催す。
 
眞清水 徹 略歴
一九六二年 四代眞清水藏六の長男として京都に生る。
一九八四年 京都府立高等技術専門校専攻科を修了。
一九八五年 京都市立工業試験場修了。
唐津焼・西岡小十先生に師事。
一九九五年 十年間の修業を終え、帰京。
父、四代眞清水藏六に師事、作陶に専念。
一九九六年 眞清水藏六父子展(新宿 京王百貨店)出品。
以後、五回出品。
一九九七年 西岡小十一門展(大阪 ギャラリー堂島)出品。
以後、一回出品。
眞清水藏六父子展(横浜 高島屋)出品。
以後、各地での父子展に出品。
新鋭茶陶二人展(渋谷 東急本店)出品。
一九九八年 唐津にて割竹式登窯「玄々窯」の創窯を主宰。
初火入。
二〇〇二年 天満屋広島八丁堀店にて初個展。
以後、日本橋三越本店、名古屋三越栄店など各地にて個展開催。
眞清水 伸(号 福山) 略歴
一九六六年 四代眞清水藏六の次男として京都に生る。
一九八六年 京都府立高等技術専門校専攻科を修了。
一九八七年 京都市立工業試験場修了。
以後、父、四代 眞清水藏六に師事、作陶に従事。
一九八八年 京都府立美術会館に出展。
一九九〇年 新世代展(京都高島屋、心斎橋大丸、銀座松屋、新宿伊勢丹)に出品。
一九九三年 金閣寺大書院障壁画完成記念茶碗謹製。
一九九六年 この年より、各地にて父子展開催。
二〇〇二年 ニューヨーク・ジャパンソサエティ
「The New Way of Tea」出品。
二〇〇三年 初個展、眞清水 伸作陶展(天満屋福山店)開催。
以後、各地にて個展。
二〇〇九年 大徳寺管長嶺雲室老大師猊下より「亀禄窯」の窯名賜る。瑞峯院前田昌道和尚様より「福山」の号を賜る。
「亀禄窯 眞清水福山 開窯記念展」開催。
(日本橋三越本店、名古屋三越栄店、広島八丁堀天満屋)。後、各地にて個展



◇写真掲載の作品をはじめ、多数の作品を一堂に展覧いたします。
 四階会場にて呈茶をいたします。ごゆるりとおくつろぎください。



お問い合わせは 電話・FAXで東玉堂まで
茶道具・花道具 東玉堂

〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅3丁目17番32号
TEL (052)563-3831(代) FAX(052)586-5182