指物師

三代 川本光春 作品展
会期 3月2日(土)〜3月15日(金)
※3月3日(日)、10日(日)は休業させていただきます
会場 東玉堂四階 展示場
 
   
ごあいさつ
  「向上心のない奴は駄目だ」というのが口癖の禅の老師がおられました。
昨日より今日。今日よりは明日と絶えず高い所を目指してゆく。向上というのは、一つの事で満足せず新たなチャレンジをする、絶えずステップを高めるという事です。そういう意味では、物を作り出すという事も同じだと思います。誰もが創作の打ち出の小槌をもっているわけではなく「神通並びに妙用、水を運びまた柴を搬ぶ」という事にかえってみると日常の中で気づく事がたくさんあると思います。朝起きて晩寝るまで、いろいろな行動をとります。仕事は勿論ですが、御飯を食べたり、お風呂に入ったり、掃除をしたり別に難しい事をしているわけではありませんが、それぞれを意識している所に創作のヒントがかくされているものだと思います。
 今日はすべて良かったと思うようにする事が明日へのチャレンジの活力になると信じ、一日が一生だと思ってこれからも精進したいと願っております。

        
指物師   祥桑軒 三代 川本光春  



 
ご挨拶
  春寒の候、皆様方には益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
さてこの度、当店にて京都の指物師「川本光春」先生の作品展を開催させて頂く運びとなりました。
 川本家初代光春は、裏千家十四代淡々斎宗匠より「祥桑軒」の軒号を賜り、以来、今日まで桑細工を主体とした茶道具の制作が受け継がれて参りました。
当代川本光春先生の作品は、桑材を主体に古来の伝統を守りつつ、現代の茶道具に見合った造形を取り入れられ、用と美を兼ね備えた格調高い仕上がりとなっております。
 今回の作品展では香合、風炉先、棚、炉縁等、素材の杢目が生された作品を多数展示して頂きます。東玉堂では初めての作品展でございます。どうぞ皆様方お誘い合わせの上ご来場頂きますよう御案内申し上げます。
                              
東玉堂  
香合 黒柿 傘 (三代 川本光春 作)
香合 黒柿 傘



香合 桑彫 筏 (三代 川本光春 作)
香合 桑彫 筏



香合 桑彫 月に雁 (三代 川本光春 作)
香合 桑彫 月に雁




莨盆 枡形 屋久杉 鵬雲斎大宗匠 在判 御書付 (三代 川本光春 作) 莨盆 枡形 屋久杉 鵬雲斎大宗匠 在判 御書付 (三代 川本光春 作)
莨盆 枡形 屋久杉 鵬雲斎大宗匠 在判 御書付



炉縁 真塗 老松 坐忘斎宗匠 御書付 (三代 川本光春 作) 炉縁 真塗 老松 坐忘斎宗匠 御書付 (三代 川本光春 作)
炉縁 真塗 老松 坐忘斎宗匠 御書付




風炉先 桑縁旭日 幕板 桜・桐 鵬雲斎大宗匠 在判 御好 (三代 川本光春 作) 風炉先 桑縁旭日 幕板 桜・桐 鵬雲斎大宗匠 在判 御好 (三代 川本光春 作)
風炉先 桑縁旭日 幕板 桜・桐 鵬雲斎大宗匠 在判 御好



桑寿棚 淡々斎宗匠御好   鵬雲斎大宗匠 在判 御書付 (三代 川本光春 作) 桑寿棚 淡々斎宗匠御好   鵬雲斎大宗匠 在判 御書付 (三代 川本光春 作)
桑寿棚 淡々斎宗匠御好   鵬雲斎大宗匠 在判 御書付 (三代 川本光春 作)
桑寿棚 淡々斎宗匠御好   鵬雲斎大宗匠 在判 御書付




山里棚 杉生地(大徳寺古材) 聚光院 小野澤虎洞和尚 在判 御書付 (三代 川本光春 作) 山里棚 杉生地(大徳寺古材) 聚光院 小野澤虎洞和尚 在判 御書付 (三代 川本光春 作)
山里棚 杉生地(大徳寺古材) 聚光院 小野澤虎洞和尚 在判 御書付 (三代 川本光春 作)
山里棚 杉生地(大徳寺古材) 聚光院 小野澤虎洞和尚 在判 御書付







◎写真掲載の作品をはじめ、多数の作品を一堂に展覧いたします。
 4階会場にて呈茶をいたします。ごゆるりとおくつろぎください。
このページのTOPへ


三代 川本光春(かわもとこうしゅん) 略歴
《初代 川本光春が裏千家十四代 淡々斎宗匠より、桑細工師として祥桑軒の軒号を賜る》
昭和三十九年 指物師 二代 川本光春の長男として生まれる
昭和五十九年 初代 光春に師事
昭和六十一年 島田光斎に師事
平成四年 京都府工芸技術コンクール佳賞
平成八年 京都洛北大原に工房を移転
京都府工芸技術コンクール奨励賞
平成十年 茶道美術公募展入選
平成十三年 日本文化デザイン会議2000 京都『光の茶会』出展
経済産業省指定伝統工芸士認定
平成十四年 裏千家ニューヨーク展
       「The New Way of Tea」出展
平成十八年 京都鹿ケ谷法然院回廊古材で茶道具制作
京都高島屋美術画廊 襲名個展
平成十九年 京都大徳寺玉林院本堂古材で茶道具制作
平成二十年 岡山天満屋本店美術画廊 襲名個展
全国伝統的工芸品公募展入選
平成二十一年 京都大徳寺聚光院庫裡古材で茶道具制作
平成二十二年 京都龍安寺(世界遺産)本堂古材で茶道具制作
臨済宗大本山方広寺(静岡)本堂古材で茶道具制作



お問い合わせは 電話・FAXで東玉堂まで
茶道具・花道具 東玉堂

〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅3丁目17番32号
TEL (052)563-3831(代) FAX(052)586-5182