東玉堂 名古屋駅前 茶道具・花道具の専門店
東玉堂HP トップへ戻ります 催事のお知らせ 商品ぎゃらりぃ 目次 各階売場案内 地図・駐車場

香合1 香合2 茶碗1 茶碗2 茶碗3 景徳鎮解説・作家紹介
水指1 水指2 菓子器 火入 平水指・花入

水 指 その1
水指-1 染付 寧波手桶(にんぽうておけ) 王懐英 (景徳鎮) 水指-1
染付 寧波手桶(にんぽうておけ) 22.2×26.6cm
古染付形物水指。
古染付にはこの種の手桶水指が幾種類かある。細形でなくて重量感に富み、その清純な図柄に特徴ある優品。三段に竹輪状の凸帯をめぐらし、中ふくらみの姿で、その曲面の線を上部両手にのばし、太い取っ手は全体のバランスをうまくまとめている。各段に飛雲・鹿・草花を配置よく優美に描く。新鮮な染付の色合い、全くスマートな作行きです

水指-2 染付 桶川輪花(おけがわりんか) 王懐英 (景徳鎮) 水指-2 
染付 桶川輪花(おけがわりんか) 15.7×18.6cm
染付水指の代表的な作品です。
胴にある縦の線が桶の板の切れ目を連想させます。
口が輪花で、見返りに作者の工夫が見られるものが喜ばれています。



水指-3 祥瑞 腰捻(こしねじ) 王懐英 (景徳鎮) 水指-3 
祥瑞 腰捻(こしねじ)  18.6×14.5cm
腰捻は捻り形につくり、文様をこれに添わせ、上部切立、高台大きく一種安定した姿がとても美しいです。
文様はビッシリと各種の繋ぎ文様、窓絵、人物と梅・鳥、詩句、福寿と酒・茶の文字まで加えられています。
水指-4 染付 竹絵(たけえ) 王懐英 (景徳鎮) 水指-4 
染付 竹絵(たけえ) 20.0×19.0cm
段を付けた寄せ口に裾すぼまりの胴をもち、胴裾にはタガ状の突帯をめぐらしています。胴には両面に力強い三本の竹幹を描き、竹の葉を随所に描きそえています。茶人の間では特に声価の高い水指であり、力強い器形、絵付けとともに特に秀れ、雅朱あふれる作品です。

水指-5 染付 昆布文(こんぶもん) 王懐英 (景徳鎮) 水指-5 
染付 昆布文(こんぶもん)  17.0×18.4cm
きれい寂びともいうべきべき瀟洒な作品です。
根昆布を思い切って熨斗文のようにデフォルメしたのも面白く、ラフな箆使いによる面取りも、日本の茶人からのたっての要望であったかと思われます。


水指-6 染付 葡萄一重口(ぶどうひとえくち) 王懐英 (景徳鎮) 水指-6 
染付 葡萄一重口(ぶどうひとえくち) 21.5×14.3cm
 
古染付水指の定番の葡萄一重口の水指です。あるいは懐石の鉢として焼かれた転用の水指の可能性もあるようです。
古染付のなかではとくに染付の発色が美しく、絵模様が器の外から内まで描き込まれ、遠眼のきく、存在感のある水指です。
葡萄の図はいかにも無造作に筆を運ばせ、一見、漫画のような面白い描写となっていて、
古染付ならではの魅力の作品です。

水指-7 染付 菱馬(ひしうま) 王懐英 (景徳鎮) 水指-7 
染付 菱馬(ひしうま) 21.0×15.8×21.5cm
器形を菱形につくり、団扇状の枠内の一つの側に二頭、もう片側に一等の馬(驢馬)の絵文様が描かれています。
共蓋には山水楼閣を略画し、その中央には竹節をかたどったとみえる撮をつけ、染付の色は暗めとなるが、やや白濁ぎみの釉調となじんで、しっとりとした落ち着きのある表情をみせています。

このページのTOPへ






※画面上又はプリンタ出力での商品の色合いと実際の商品の色合いは、
その性質上、若干のずれが生じる場合がございます。

このページは表示文字サイズ中にて、表示確認しております。
お問い合わせは 電話・FAXで東玉堂まで
茶道具・花道具 東玉堂

〒450-0002 名古屋市中村区名駅3丁目17番32号
TEL (052)563-3831(代) FAX(052)586-5182



--名古屋 茶道具・花道具の専門店 東玉堂 ホームページ 商品ぎゃらりぃ 王懐英 景徳鎮 水指 その1--